392329

当ブログに関してご意見、ご質問、ご感想などありましたらご自由にメッセージを書き込みください。


作者に嫌われた理由 - はりでー
2018/05/29 (Tue) 18:19:19
管理人さんこんにちは

レディプレで知ってシャイニングを初めて見ました
作者は映画を豪華な車だけどエンジンがないと
言ったみたいですが、いまいち意味がわかりません
説明とかお願いできませんでしょうか?

Re: 作者に嫌われた理由 - KUBRICK.blog.jp 管理人
2018/05/29 (Tue) 22:19:09
はりでー様

はじめまして。

作者、つまりスティーブン・キングですが、映画『シャイニング』を「美しいがエンジンがない車のようなものだ」と評していますが、簡潔に言えば

・美しい車=お金と時間をかけて作った映画
・エンジンがない=ホラーではない

ということだと思います。ここでキングが言う「ホラー」ですが、キングは人間の心、つまり優しさとか、弱さとか、愛することとか、暖かさとか、家族の絆とかがあって、その中での「恐怖(ホラー)」を描かないとホラーとは言えない、と考えています。さらに原作にはキリスト教的な意味合いも含まれています。しかし無神論者で映像重視のキューブリックはそういった、小説『シャイニング』でキングが大切だと思っていた要素を排除し、単なる「映像で見せる恐怖映画」にしてしまいました。キューブリックは原作について「構想は素晴らしい」が「ラストは陳腐」と考えていたようで、小説にあるような「感動的」なラストシーンは早い段階から変えるつもりだったようです。

キング自身が映像化したTVドラマ版もありますので(長いですが)興味があればぜひご覧になってください。キングの言う「ホラー」とはこういうことなんだ!というのがよくわかりますので。キングはキングの考え方があるし、それはそれで「小説としては」正しいのですが、ではどちらの『シャイニング』が傑作と呼ばれ、現在まで語り継がれ、2018年の今に至って大々的にオマージュされているかといえば、それはキューブリックの映画版です。キングが映画版を毛嫌いする理由は、自身が制作したTVドラマ版が評価されていないどころか、人の口の端にも上がらないことに対する「嫉妬」があるのかもしれませんね。
Re: 作者に嫌われた理由 - はりでー
2018/05/30 (Wed) 21:07:32
ていねいな説明ありがとうございます!

テレビドラマ版というのがあるんですね。
今度見てみます!

ところで次に見るキューブリック映画で
おすすめはありますか?
なんだか難しいという話が多くて
迷ってるんです。

ぜひ教えてください!


Re: 作者に嫌われた理由 - KUBRICK.blog.jp 管理人
2018/05/31 (Thu) 01:02:34
はりでー様

そうですね・・・「わかりやすい」という意味では『博士の異常な愛情』ですね。『時計じかけのオレンジ』もわかりやすと思いますが、一部でトラウマ映画とか言われています(管理人はそうは思いませんが。笑)。あとはネットスラングで有名な『フルメタル・ジャケット』でしょうか。『2001年宇宙の旅』はSFの基礎知識があればそんなに難解ではないとは思いますが、そうでないとチンプンカンプンでしょう。もし女性なら『アイズ ワイド シャット』はすんなり入ってくるかも知れないですね。『バリー・リンドン』も女性向きでしょう。

以上ですが、参考にしてみてください。
Re: 作者に嫌われた理由 - はりでー
2018/06/04 (Mon) 19:35:49
さっそく博士の異常な愛情を見てみました!

めっちゃ面白かったです!
次は時計仕掛けのオレンジを見ようと思ってます

いろいろありがとうございました!