568552

当ブログに関してご意見、ご質問、ご感想などありましたらご自由にメッセージを書き込みください。
【投稿は管理人承認後に反映されます】


無題 - Stanley Kubrick Forever
2019/04/18 (Thu) 21:41:26
http://kubrick.blog.jp/archives/52247830.html
でも述べられているイギリスのロックバンド
「Arctic Monkeys」
ですがメンバーでDrummerの
Matt Helders
はカメラにどうやらハマっているようでして
キューブリックを意識した写真を撮ってはまめにInstagramにアップしています(笑)
https://www.instagram.com/p/Bgoe2bsg-9o/?taken-by=cautioushorse
映画ファンでもありキューブリックファンでもあり音楽ファンでもありモンキーズファンですので
しょうもないですが良かったらお見知りおきを(笑)
ちなみに彼らの最新アルバム「Tranquility Base Hotel & Casino」
の中には「One Point Perspective」という曲もあります。
ちなみにこのアルバムは様々な映画などに影響された
https://nme-jp.com/news/54221/
アルバムで
SFをテーマにしたコンセプトアルバム
「Science Fiction」という曲もあります。
Re: 無題 - KUBRICK.blog.jp 管理人
2019/04/20 (Sat) 00:42:57
Stanley Kubrick Foreverさま

大変たくさんのご意見、情報ありがとうございました。
これらひとつひとつにつきましては、今後記事に起こす際に
貴重な情報源として活用させていただきます。

また、これらの情報を記事化する際には
Stanley Kubrick Foreverさまのお名前を
記事に入れされていただきます。

ありがとうございました!
記事について - Stanley Kubrick Forever
2019/04/18 (Thu) 19:00:09
しつこくすみません。またキューブリックのパーソナルな部分でいうと彼のチェスの腕前はなかなかのものがあったようですが(博士…でのエピソードは有名ですね)、他にチェス好きで有名な人物としてフランスの芸術家デュシャンがいますね。
デュシャンの前衛的な芸術スタイルとは違いチェスのプレースタイルは定石研究に熱心な割りとオーソドックスなタイプだったようですね。また芸術でいうとキューブリックは当ブログでもご紹介していますようにスケッチなどで判明していますが絵はあまり得意では無いようですね
(まぁしかし学生時代の写真、カメラセンス、映画としての芸術センスは言うまでもありませんが)。
キューブリックのチェスのスコアやレーティングなど目に見えてしっかりとわかるものは英語でわざわざ検索したり調べても
出て来ません。先述しましたデュシャンなどは有名でフランス代表選手として大会に出場していた程ですので記録には残っているのですが。もしドラムなどと同じようにチェスの棋譜でも写真でも証言でもその他何でもわかりましたら
また検証・記事にしていただきたく思います。
記事について - Stanley Kubrick Forever
2019/04/18 (Thu) 18:31:50
管理人様。いつも楽しく拝見させて頂いております。以前私が当掲示板で書きました件には何らかの対応と答えていただきましたが、

【ご注意】当ブログの記事は「KUBRICK.Blog.jp」の明記と該当記事へのリンク(URL表記「http://kubrick.blog.jp/」でも可)貼ることを条件に、報告不要でご自由にご活用頂けます。ただし、アポロ計画やフリーメイソンなどの陰謀論、スキャンダラスな嘘記事、ソース不明の偽情報を掲載して耳目を集め、アクセスを呼び込むことを第一の目的とするデマサイトやデマ動画チャンネルの関係者は当ブログの閲覧、ならびに利用は全面禁止とさせていただきます。

して頂きましたね。ありがとうございます。胡散臭い記事へ釘を刺していただきありがとうございます。
ところでキューブリックのジョーク、ユーモア、趣味や興味に性的でエロティックなセンス
(それはそう呼ぶよりもブラックなといった方が適当かも知れませんが)があるのは否定できないという風に私は思うのですが下衆な考えですがキューブリックのそういった一面(彼は三度結婚をしていますね)、恋愛などやそういった性的な色気の部分がイメージ出来ません(笑)キューブリックの本もたくさん読みパーソナルな部分も知ってはいるつもりですが。
管理人様もそう思いませんか?

またそういった点からいくと
https://en.wikipedia.org/wiki/Personal_life_of_Stanley_Kubrick
についても何かしら記事にしては頂けないでしょうか?
もちろん管理人様の事ですのでチェックされているとは思いますが。
一応当ブログのキューブリックのパーソナルな情報も私はチェックしています。
すみません英語は苦手なので(汗)、所々しか読めませんでした。
このwikiからいくとキューブリックの好きな番組、シンプソンズ好きだったみたいですね。
これもキューブリックのユーモアセンスからいくと面白がるの納得という感じです(笑)
長文でかつ下手クソで読みにくい文章ですみませんでした。
これからも当ブログを楽しみに観ます。
(最新のキューブリックミュージアム360°の記事も御拝読させて頂きました。日本でもやってくれたら良いのになぁ。
キューブリック関連ではフルメタルジャケットエンディング曲のストーンズの展覧会は日本でもやってくれてましたね。
私は音楽ファンでもあるのでわざわざ行きました(笑))
キャッスルロックの件 - ビ黒
2019/04/16 (Tue) 19:07:04
はじめまして。いつも楽しく拝見させております。
WOWOWでこないだまで放送してたキングとJJエイブラムスのドラマ「キャッスルロック」は
ごらんになられました?
あんまりキューブリックとは関係ありませんが、ホテルの管理人で嫁と子供を殺そうとした
(という触れ込みで紹介していた)ジャック・トランスの姪っ子が出ていまして、
なぜかジャッキーと名乗ってました。
消化不良な内容で10話で終わったのですが、シーズン2がまたあるそうです。
なぜ殺人鬼の名前を名乗っているのか、また原作にも映画にもジャックに姪っ子など出てこないので、
この先何かあるのかもしれない不思議キャラでした。
Re: キャッスルロックの件 - KUBRICK.blog.jp 管理人
2019/04/18 (Thu) 03:37:26
ビ黒さま

はじめまして。

いえ、観ていませんでした。
スティーヴン・キングは自分の別作品の小ネタを別作品に仕込むことによって
ある種の「スティーブン・キング・ワールド」を作っているのですが
おそらくその一環であまり深い意味はないような気がします。
(間違っていたらすいません)
このキャッスルロックもスタンバイミーに登場した町ですね。

情報ありがうございました!
無題 - Stanley Kubrick Forever
2019/04/17 (Wed) 11:04:58
ほぉ〜。フランス語分からないので元のフランス語版読めませんでしたが興味深い、評価はしてたんですね。
おそらくドラムスネアのもフランス?か何かで日本でアクセス出来ないので元をきちんとチェック出来ていません。
ちょっと載せて頂いた画像だけでは何か私には分かりません…。
あと関係無い話ですが今、例の「祝辞」が話題になっているようでキューブリックを関係無いですがふと頭に思い浮かべてしまいました。