625648

当ブログに関してご意見、ご質問、ご感想などありましたらご自由にメッセージを書き込みください。
【投稿は管理人承認後に反映されます】






シャイニングオマージュのMVです - Anonymous
2019/07/31 (Wed) 21:25:11
管理人様

貴重なサイトの運営ありがとうございます
今回も「シャイニング」の調べものにあたり大変助けられました
重ねて御礼申し上げます。

キューブリック監督作品へのオマージュカットのあるMVとして
RED VELVETの「RBB」があります。
お楽しみいただければと存じます。


https://youtu.be/IWJUPY-2EIM?t=66


Re: シャイニングオマージュのMVです - KUBRICK.blog.jp 管理人
2019/08/01 (Thu) 03:59:48
Anonymousさま

ご訪問ありがとうございます。

当ブログがお役になてましたのなら嬉しいです!

MV、楽しませていただきました。
記事のネタにさせていただきます!!

ありがとうございました。
ジム・キャリー主演「シャイニング」  - Shin E-mail
2019/07/31 (Wed) 15:51:06
https://www.youtube.com/watch?v=HG_NZpkttXE

ジム・キャリー主演「シャイニング」・「集中」編と題された動画が話題を集めています。
「シャイニング」のジャック・ニコルソンの顔がディープフェイクによってジム・キャリーのものに変えられているのです。そのあまりの違和感のなさに再生数は185万を超えました!すごい技術です。

Part2「バット」はこちら:
https://www.youtube.com/watch?v=-ZRUZzZPGto

Part3「Here's Johnny!」:
https://www.youtube.com/watch?v=Dx59bskG8dc

レオンのドキュメンタリー - Shin E-mail
2019/07/09 (Tue) 03:07:50
管理人さま

日本で公開されたのですね。私もすでに見ており大変感動しました。管理人さまの感想とても面白く読めました。彼が自分の人生・体力・全てを削ってキューブリックの為に働く姿が見れる貴重な映画と思います。多くの人に見てもらいたいですね。しかし、LAのキューブリック展プレミアになぜ彼を呼ばなかったのか。。彼の功績はみんな知ってるだろうに..と訝しく思いました。残念でなりません。キューブリック遺族とのトラブルでしょうか。「フィルムウォーカー」という題名、とても良いなと思ったのですが、日本では改題されているのですね。確かにフィルムウォーカーだけではキューブリックファンはおろか一般の人にもわかりにくいので変えたのでしょうね。
Re: レオンのドキュメンタリー - KUBRICK.blog.jp 管理人
2019/07/09 (Tue) 11:22:31
Shinさま

一般公開は11月からです。
私は試写会で一足早く見ることができました。

キューブリック展は主催がドイツの会社なので
キュレーションの権利を手放したくなかったのだと思います。
レオンを招き入れると、事細かな指示に振り回されることになり
それを嫌がったのもあるでしょう。

遺族とは少なくとも表面的には関係は良好だと思います。
レオンはキューブリックの遺志をついで
事細かにやろうとするのですが
そのことが各方面で軋轢を生んでいるようなことが
映画では示唆されていました。

タイトルの変更はご指摘の通りだと思います。
キューブリックの名を入れない限り、
集客は難しいと判断したのだと思います。
スタンリー・キューブリック監督の政治思想について - unknown
2019/07/06 (Sat) 17:37:44
返信ありがとうございます。ページの写真の掲載だけでもありがたいです。
彼は欺瞞・偽善といった部分に非常にシリアスな目を持っていたと思われますが、
何かでハーラン?だったか(全部うろ覚えで曖昧ですが
が彼のユダヤ人的ユーモア、視点を抜きにして彼を語るのはナンセンスだみたいなのをどこかで読んだ記憶があります。
偏見や差別的な意味ではなく私も同様に彼(キューブリック)
にとって確かにそれは生涯の関心ごとだったのではと推測します。
https://en.wikipedia.org/wiki/Political_and_religious_beliefs_of_Stanley_Kubrick
政治思想についてですが、英語ができないので必死に翻訳してみましたが、
基本的には私がすでに書いたように「シリアスな目を持っていた」という私自身が思う恐らくのキューブリックの政治観などが深まっただけでした。日本語版ウィキでは「シンドラーのリスト」の記事で
「スタンリー・キューブリックなどの映画監督からも高い支持を受けており、キューブリックは本作が成功したことで、自身が企画していたホロコーストの映画を諦めたという」
と書いてましたが、キューブリックはシンドラーのリストを本当に高く評価していたんでしょうか?
また、英語版のウィキペディアに書かれているような「キューブリックの政治観、宗教観」についての記事を
英語はわからないので日本語で記事にしてもらえれば、と思います。
長文ですみません。よろしくお願いします。
Re: スタンリー・キューブリック監督の政治思想について - KUBRICK.blog.jp 管理人
2019/07/07 (Sun) 17:41:51
紋切り型の口調でお恥ずかしい限りですが
過去にこういった記事を書いております。

http://kubrick.blog.jp/archives/52066910.html

「ホロコースト映画」とは『アーリアン・ペーパーズ』
だと思いますがそれを断念した理由についても記事にしております。

http://kubrick.blog.jp/archives/52041936.html

キューブリックの政治思想については
非常にセンシティブな問題なので
それをテーマにいち素人が記事を書くのは憚られるのですが
評伝「映画監督スタンリー・キューブリック」を
お読みいただければその一端は感じ取れるかと思います。
また、フレデリック・ラファエルの「アイズワイドオープン」には
ユダヤ人としてのキューブリックの言動の記述もありますので
一読をおすすめいたします。
キューブリックの実力 - unknown
2019/07/04 (Thu) 09:48:05
こんにちは。私はキューブリキアン?です。
キューブリックのドキュメンタリーが日本で初公開(海外では先に公開)されるようですが、
どの国のウィキペディアを見て翻訳してもチェスの事が必ず書いてあります。
なので、’日本語は勿論、英語などで調べて見たんですがレートなど全く出てきません。
せめて、盤面や棋譜、どんな戦い方のスタイルだったかや戦術、オープニング、定石など
知りたいです。私はキューブリックもチェスも好きなんですが調べても出てきません。
調べて何か少しだけでも情報があったら教えて(記事にしていただいたり
下さい。
Re: キューブリックの実力 - KUBRICK.blog.jp 管理人
2019/07/04 (Thu) 21:31:46
unknownさま

チェスについては無知で、専門用語はさぱりわかりません。
評伝「映画監督スタンリー・キューブリック」には
『シャイニング』の頃のエピソードの記述があります。
画像を添付します。

「Kubrick Chess」でググればいくつか記事や動画がヒットしますが
具体的なキューブリックの「指し方」についての記述はあまりないようですね。

もしよろしければ専門的な解説をしていただければ幸いです。

ちなみに、わたしも・・・キューブキアンなんでしょう・・・ね。笑